槇原敬之容疑者逮捕 芸能界に蔓延る薬物問題”次はだれが…”

歌手の槇原敬之容疑者が2月13日、覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで警視庁に逮捕されました。
このことに関連して、芸能界の薬物問題についても少し触れていこうと思います。

槇原敬之容疑者 2度目の逮捕

槇原容疑者は2月13日午後4時45分ごろ渋谷区神宮前の自宅で逮捕されました。

逮捕容疑は2年前に、港区の一室で覚せい剤0・083グラムや危険ドラッグRUSH(ラッシュ)を所持していた疑いです。警視庁は認否は明かしていない模様…

ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、槇原容疑者は1999年8月に覚せい剤取締法違反で逮捕され懲役1年6月(執行猶予3年)の判決を受けている。

1999年12月8日の判決公判後、槇原は「今後絶対にこのようなことを起こさないことを堅くお約束します」と書いた直筆ファクスをマスコミ各社に送付していましたが、21年の月日を経て2度目の逮捕となってしまいました。

”ある人物”が薬物使用のきっかけか…

複数の報道関係者や警視庁の捜査関係者によると、槇原容疑者の所属事務所代表の男性が同事務所退職後の4日後、2018年3月16日、東京都港区内の自宅マンションで薬物所持の疑いで逮捕され、懲役2年の実刑判決を受けていたようです。槇原容疑者は1999年の1度目の逮捕時、この男性と一緒に逮捕されているとのことです。

芸能界の薬物問題の背景とは

 警視庁関係者は、芸能界で麻薬関連の摘発が増えている背景を次のように語る。

「芸能界に麻薬を流している筋がどこなのかを特定したいというのが警視庁、厚労省の最終的な狙いでしょう。経済制裁の影響か、北朝鮮の覚せい剤や拳銃の流通量が目立たなくなり、1980年代に主流だったフィリピンルートが再び活発化しているようです。芸能界を含め、それを裏で仕切っている存在を摘発することが最終的なゴールでしょうね」

次に逮捕されるのは誰なのか。麻薬捜査官の活躍は当面続きそうだ。

引用:https://biz-journal.jp/2020/02/post_141954.html

とのことです。どこかから入ってこないと蔓延しませんからね…根元を断ち切るのは大変そうですが、警察の活躍に期待です。

逮捕されそうな芸能人は他にも…

逮捕間近とうわさされている芸能人を紹介していきます。

中堅俳優I

ウワサによると「伊勢谷友介」さんでないかと言われています。

強面ながらもすらっとしたモデル体型な俳優のイメージがあると思われます。

「東京スポーツ」によって「大河ドラマ出演の人気俳優が法律違反の薬物に手を染めている。」と報道されたことをきっかけに一気にウワサがわきました。

これだけではありません。知っている方には有名な話ではありますが、2016年4月の週刊誌では、「彼女とのデート中に民家の花壇から土を採取」と意味不明な奇行をし、薬物疑惑が浮上したようです。

人気アイドルグループメンバー T

こちらは、「手越祐也」さんではないかと言われています。

一時期、イッテQの降板説や反社会的勢力との繋がりがウワサされ、何かあるのではとの声をよく聞きました。

また、所属グループであるNEWSの脱退のウワサがあったりと、何かと話題に事欠きません。

今は特に報じられていることはありませんが、次に逮捕されるのはもしかしたら、手越さんかもしれません…

若手人気俳優 A

こちらは、「綾野剛」さんではないかと言われています。

こちらも東京スポーツによるものですが、その内容としては

  • 主役級の活躍をみせる超有名若手俳優
  • グラビアアイドルやモデルを口説くなど女性問題でもうわさがある。
  • 10年以上前に芸能界デビュー、すぐに人気俳優に
  • 映画、ドラマ、CMで活躍中

とのことです。

これらの項目にあてはまる芸能人として、「綾野剛」さんがあげられています。

みなさんの反応

 

 

まとめ

昨年の沢尻エリカ氏の逮捕から数か月たったと思ったら、今度は有名歌手の逮捕…

このような状況では芸能界は薬物がはびこっているのはないか、と不安に思ってしまいます。

芸能界とは縁がないので、ただの考察ですが、世界中に自分をさらす芸能界の仕事は、我々が想像している以上にストレスやプレッシャーがかかる仕事なのでしょう。

そういったことから、芸能人の方々は薬物に手を出してしまうのかもしれません。

また、そういった方の弱みに付け込んで、薬物に染めようとする存在がいることも忘れてはいけませんね…

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!